とっても便利な顕微鏡!!

  • 2017.08.24 Thursday
  • 21:00

お久しぶりです。顕微鏡屋の店長です。

前回のブログで、
「TAIWAN EXCELLENCE in Tokyo2017」で紹介された製品を近日中にご紹介...と言いました。

新製品

が、間が随分空いてしまいました。
すいません。

 

昨日(2017/8/23)から、やっと顕微鏡屋でもその製品の販売を開始いたしました。

その製品とは、

 

スマホ顕微鏡「μHandy(ミューハンディー)」 です。

(クリックすれば、商品説明ぺージが表示されます。)

μHandyケースとカバー

スマートフォンやタブレットのカメラの部分に取り付けて使います。

μHandyスマホ使用例タブレットに取り付けたμHandy

 

 

この商品を販売テストのために使ってみた店長の正直な感想です。

 

 スマホ顕微鏡「μHandy(ミューハンディー)」は、
ちょっと拡大して見てみたいと思ったときに、すぐに観察できるので、とても便利な顕微鏡です。

 

例えば、店長が朝顔の花のおしべを拡大して見たいと思ったので、以下の要領で観察しました。

ピンクの朝顔の花

 

μHandyは、小型軽量(55グラム)なので、楽に箱から取り出すことができます。

μHandyケースμHandyのケースと内容物一式

スマホ・タブレットにクリップをセットして、

μHandyをスマホにセット

カメラアプリか専用アプリを起動すれば、準備OK!

μHandyを取り付けたスマホのカメラアプリを起動

 

粘着性のある専用のシールで観察物を簡単に採取できます。


このシールをμHandyのスライドガラスに貼り付けてセットすれば、すぐに、スマホ・タブレットで観察したい物を観察できます。

スマホ・タブレットのカメラには、オートフォーカス機能があるので、ピントを合わせたい部分をタッチすれば、自動的にピントが調整されます。

スマホとμHandyタブレットとμHandy


一方、実体顕微鏡や生物顕微鏡の場合は、こんなに簡単には観察を始められません。
まず、顕微鏡自体の重量が3〜4圈3000グラム〜4000グラム)あるので、箱から取り出すのも一苦労です。

顕微鏡を箱から取り出したら、観察準備が必要ですが、実は結構手間です。
顕微鏡のキャップの取り外し、レンズやアイシールドやライトの取り付け、ピント調整などが必要です。


また、生物顕微鏡の場合には、採取した観察物を、スライドガラスにのせてから水滴を落とし、さらにカバーガラスを上にのせて、プレパラートを作成する必要があります。

準備が終わったら、観察したい物を観察台にのせて、ピント調整が終わったら、やっと観察できます。

 

 

μHandyの商品ページは、季節柄、お子様の使用を前提にした説明になっています。

μHandyと子供達

しかし、μHandyは、とても使いやすいので、学生や大人の方にも是非使っていただきたい顕微鏡です。

 

スマホ顕微鏡「μHandy(ミューハンディー)」 の商品ページはこちら  です。

 

-----------------------------------------------------------------------------

〜マイクロスコープ・顕微鏡・ルーペと関連機器のセレクトショップ〜

ネット通販専門店の“顕微鏡屋”

[合同会社 ポリミュー 通販事業部]

〒591-8043 大阪府堺市北区北長尾町七丁1番3号

顕微鏡屋本店URL:https://kenbikyouya.com/

顕微鏡屋ヤフー店URL:http://store.shopping.yahoo.co.jp/kenbikyouya/

Amazon URL:https://goo.gl/MihosV

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

JUGEMテーマ:マイクロスコープ

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM